ホーム > 技術情報 > ISO/JIS規格

技術情報

ISO/JIS規格

望遠鏡に関する規格は日本工業規格(JIS)国際規格(ISO)があり、日本工業規格は当工業会が原案作成団体となり、使用者、及び中立者を委員に含めて審議を重ね、経済産業省に原案を提出し、所定の手続きを経て制定されるものです。
国際規格は当工業会がSC4(望遠鏡分科委員会)の国内審議団体となり、原案の作成、改正作業に携わっています。また現在(財)日本規格協会と協力して国際規格の適正化作業を進めています。

(1) 日本工業規格(JIS)について

現行の望遠鏡に関するJIS規格は下記の通りです。(平成21年4月現在)

規格番号 規格名称
JIS Z 8120 : 2001 光学用語
JIS B 7121 : 2007 双眼鏡、単眼鏡及びスポッティングスコープの特性
JIS B 7155 : 2005 天体望遠鏡-特性
JIS B 7156 : 2005 ライフルスコープ-特性
JIS B 7157 :2003 望遠鏡用語
JIS B 7261 : 2005 望遠鏡試験方法-試験環境
JIS B 7263-1 : 2007 望遠鏡試験方法-第1部:基本特性
JIS B 7263-2 : 2007 望遠鏡試験方法-第2部:双眼鏡
JIS B 7263-3 : 2005 望遠鏡試験方法-第3部-ライフルスコープ
JIS B 7263-4 : 2007 望遠鏡試験方法-第4部:天体望遠鏡式

▲ページの先頭へ

(2) 国際規格について

望遠鏡に関する国際規格は、ISO/TC172/SC4分科委員会で検討して提案し、各国協議および国際会議等において審議を経て初めて国際規格となります。 原案が正式な国際規格になるまでには、文書処理として
WD → CD → DIS → FDIS → ISO の国際間ルールに基づきます。

  • * WD(作業文書);Working Draft
  • * CD(委員会原案);Committee Draft
  • * DIS(国際規格案);Draft International Standard
  • * FDIS(最終国際規格案);Final Draft International Standard
  • * ISO(国際規格);International Standard

現行の望遠鏡に関するISO/SC4規格規格は下記の通りです。(平成21年4月現在)

ISO 規格名 レベル
10109-4 望遠鏡テスト環境 ISO
14132-1 望遠鏡用語と定義(共通) ISO
14132-2 望遠鏡用語と定義(単眼鏡双眼鏡) ISO
14132-3 望遠鏡用語と定義(ライフルスコープ) ISO
14132-4 望遠鏡用語と定義(天体望遠鏡) ISO
14132-5 望遠鏡用語と定義(ナイトビジョン) ISO
14133-1 単眼鏡双眼鏡特性(一般品) ISO
14133-2 単眼鏡双眼鏡特性(高性能品) ISO
14134 天体望遠鏡特性 ISO
14135-1 ライフルスコープ特性(一般品) ISO
14135-2 ライフルスコープ特性(高性能品) ISO
14490-1 望遠鏡試験方法(基本特性) ISO
14490-2 望遠鏡試験方法(単眼鏡双眼鏡) ISO
14490-3 望遠鏡試験方法(ライフルスコープ) ISO
14490-4 望遠鏡試験方法(天体望遠鏡) ISO
14490-5 望遠鏡試験方法(透過率) ISO
14490-6 望遠鏡試験方法(ベーリンググレア) ISO
14490-7 望遠鏡試験方法(結像性能) ISO
14490-8 望遠鏡試験方法(ナイトビジョン) DIS
NP21094 ナイトビジョン特性 ISO

▲ページの先頭へ